どうも、約2ヶ月ぶりにブログを書いてます、えんたく(@Entaku98)です。

ブログが書けない

ブログって不思議なもので、書けている時は毎日とか2日に1記事は書けるもんなんですが、書く習慣がなくなると、めっちゃ書かなくなります。

ってか書く気が無くなるんですよね…ブログの管理画面を開かなくなるし、毎日のように見ていた、グーグルアナリティクスやアドセンスの収益などのブログに関係するツールも見なくなりました。

そして今回2ヶ月ぶりに更新をしようと思ったわけですが、何か特別なことがあったわけではありません。


あ、今「なーんだ、重大発表とかしないんだ」って思いました?


2ヶ月ぐらい更新しなくて久しぶりに更新したら何か重大発表とか努力の結果が!みたいなのを無意識に想像するのかもしれません。

今日はどんな本音を語ろう みやもさん(@Miyamo_H)
書きづらい近況報告であったり

きみならわかるだろ。 さくらんさん(@skrninjin)
2ヶ月ブログを書かずにプレゼンを頑張って有終の美を飾った

えぇ…こういった感じのを期待するものかもしれません。

人は無意識のうちに久しぶりに何かをした!みたいなことになると、変に期待してしまう生き物なのかもしれませんね。

が、重ね重ねになりますが、僕は2ヶ月間、上で例に挙げた2人のようになにか変わったことをした!みたいなのはありません。

強いて言うなら最近はバイトを頑張ってます。

1週間で80時間程度の肉体労働。



労働基準法によると週5日8時間労働の40時間が推奨らしいのですが、その倍ですかね。

まぁこういうこともあるよねって感じでスルーしときます。自分の意思で働いてますし。

農業の研修をしていた時は1日15時間拘束で月4日休みみたいな環境に2年以上いたので感覚がおかしくなっているのかもしれません。


んで、今回久しぶりにブログを書くにあたって、なぜ自分が書けないのかをめっちゃ考えて、対策を考えたので書いていこうと思います。

ブログを始めようと思っている人、ブログを一時期書いていたけど放置してしまった…みたいな人に届くといいなぁ…

構成とかを考えすぎている


1つ目、色々と考えすぎながら書こうとしていること。

ブログの運営ノウハウみたいなのはブログを運営している人のやつを見れば色々見つかるんですが…

タイトルにはキーワードを入れ、32文字以内で数字を入れるとか
 
1000文字以上で見出しに気をつけ、見やすいデザインにして、

画像を使って、SEOやキーワードを意識して…

色々気にしすぎていたら書けなくなった。

ってかめんどくさい。


解決法:ノウハウとかは気にしないで書くようにする(当たり前か)


構成などを考えてめんどくさくなったり、他のブログを書いている人の記事を読んでいると、自分もこんな風にしないといけないのかなと思ったりしてしまいますよね。

なので、他の人のブログを見て自分はダメだ…と感じたりするなら見ないという対策もありですね。
 
書くためのハードルを上げすぎてしまったり、コツとかこうすれば読みやすいみたいなのに囚われると書きづらくなる。

コツみたいなものは気にせず、書きたいことを書けばいい。

ノウハウは攻略本みたいなものなので、変に気をつける必要はないかなと。

最初からずーっと攻略本を読んでその通りにゲームをやったら、効率よく行くけど面白くない。ただの作業みたいになってしまう。

書きたいこと、伝えたいことを自分のハードルを下げて、メモみたいなものでも日記みたいなものでもいいからまずは書くことを意識しよう。

最初の方はノウハウとか気にせず書きたいことを書いて、楽しくなってきて、習慣になってきてからノウハウとか気にすればいいんですよ。きっと。


スポンサーリンク


人の目を気にし過ぎている


2つ目、誰かからどう見られるのかを意識しすぎてるということ、ありますよね。

別に自分のことを見ている人なんてそんなにいないのに。

自意識過剰ってやつですね

それこそ、ブログなんて誰も見るわけじゃないのに。

月に何万pvもあるわけじゃないんだし。

実社会で人の目を気にしているのに、一人で部屋でただパソコンに向かって文字を打ってるこの時も、その場にいない誰かからどう見られるか気にしてるの?って感じです。


解決法:誰も何も気にしないで書く (これも当然と言えば当然か)


誰も見てないと思って書きたいことを書けばいいんじゃないか。
 
個人の時代だ、情報発信の時代だ、情報発信をするならブログだとかいろんなことを言われてますがそんなことは気にせず、まずは自分の書きたいように書く。

何も気にせず書く。
 
反応があるのが嬉しいけど、レアなことだと思う。

反応があるはず!とか思ってると、反応がない時にあ、書くのやめようって思ったりしますし。

まずは何も気にせず、自分が書きたいことを書きましょう。

ブログを書く意味が見つからない


最後3つ目、ブログを書きながら、ふと思うことがあります。

何のためにブログを書いてるんだっけ?

ということ。

人は基本的に面倒くさがりで、何のために書いているのか、目的や理由がはっきりしていないと、意味がわからなくなり、めんどくさくなってブログを更新するのをやめてしまいます。

書いても、アクセスがない…

1つの記事を書くのに何時間もかかって書いたのに反応がない…

めんどくさい…

ブログを書いている時間を他のことに使ったほうがマシだ…

そんなことを思っているうちに、何のためにやっているのかわからなくなって、僕は更新するのをやめてしましました。


解決法:初心に帰って何の為に書くかを意識する


この記事を読んでくださっている人はおそらくブログを書いている人や、書こうと思っている人、書いているけど、めんどくさくなって更新が止まっている方が多いと思います。

そんなあなたに聞きたいのが、なぜブログを始めたのか、始めたいのか?

何のためにブログを書いていくのかということ。

要は初心を思い出すということですね。

僕は目の前の「めんどくさい」という感情に流されて、何のために書くのかを忘れていました。

ちなみに、僕は自分の思ったことを書いてみたい、農業のことを書いて、農業のことをもっと知ってもらいたいとか考えていました。

あと、少し書き始めてみたらあった人から「えんたくさんですか!?」みたいに言ってもらえることがたまにあって、自己紹介の手間が省けることがあったのは嬉しかったです。

僕、自己紹介とか、喋るの超苦手なので…

また、書いていてわかったことなんですが、僕は文字や言葉、言語にするのがめちゃくちゃ苦手なんです。

こうして文字を打つのも時間がかかるし…

なんというか、うまくまとまらないんですよね。

なのでブログは僕にとっては言語化、言葉にするトレーニングだったりします。

ブログを書くようになってから、人と話をするのが少しマシになってきました。

自分の為のトレーニングみたいな部分も意識してブログも書いていこうと思います。


解決法その2:ブログを書いている友達や知り合いを増や


この項目だけ2つ目の解決法を上げておきます。

一人で続けていくのは強い信念というか書きたい意欲みたいなのが必要な気がしています。

僕はそこまで強い意志や信念はなくて、めんどくささに負ける弱い人間です。

それでも、今こうして2ヶ月ぶりに記事を書いているのはブログを書いている友達の「あれ?そういえば最近えんたくさんブログ書いてないっすね?」とか「書かないんですか?」という声。

書く気が全くなければ、この言葉に特に思うこともなくスルーしているはず。

こんなことを言ってくれるブログを書く友達を増やすことや、ブログを書いている人Twitterでフォローして、コメントしたりすることが大事なのかなと思う。

またブログを書いていることで知り合った人もたくさんいる。



ブログを書くことで、今まで出会ったことのない人たちに出会えたんですよね。

そういったことも考えて、書く人が近くにいてモチベーションを上げる、そういった環境へ飛び込む。

それで変わることもあるので、やっぱり環境って大事ですね。

まとめ


ブログを書けない時に陥る3つの原因と対策は

◆構成を考えすぎている
解決法:ノウハウとかは気にしないで書くようにする

◆人の目を気にしすぎている
解決法:誰も何も気にしないで書く

◆ブログを書く意味が見つからない 
解決法1: 初心に帰って何の為に書くかを意識する
解決法2:ブログを書いている友達や知り合いを増やす

でした。

今回わざわざこれを書いたのは実を言うと、自分に対するGOサインを出すサインであり、宣言だったりします。

2ヶ月も書いてないから久しぶりに更新がしづらい自分への免罪符で、何も気にしないでいいから書け!と自分自身へいうつもりで書きました。

言葉や文字を使ったコミュニケーションが苦手だから、他の人よりもさらに低いスタート位置からスタートすることを意識して、自分に対するハードルを上げずに、日記でいい、メモでいいから書いていこうという宣言。

みんなと同じ風にできなくても、やればいいじゃない。

自分は自分なんだから。自分のペースでやっていこう。


ブログの運営者はこちら

旅する百姓 えんたくってどんな人?
さつまいも持ってる写真

人気記事はこちら!


のんびりつぶやいてます


Instagramやってます!