どうもータイに来て食べ歩きにハマってるえんたくです!

前の記事でも書いたんですが、物価が安いので食べ歩きしまくりなんですよねー


あぁ…食べ歩きし過ぎて太るかも…

そんな不安を少し感じつつも、美味いし、楽しいので食べ歩きは続けていきます 笑

楽しめる時に楽しんでおかないとね!

一日中歩き回ってるんだし!と自分に言い訳をしておきます 笑

ある屋台での出来事

食べ歩きをして「20バーツラーメン」というお店に行った時に、テーブルの上に大量の調味料があったんですよ。

写真の左上がトウガラシ(少量でもかなり辛い)、右上が魚醤(ナンプラー)左下が砂糖(ラーメン屋なのに砂糖!)右下が酢。


ピーナッツの砕いたのがあって、意外にラーメンに合う。

ラーメンにナッツのサクサク感とピーナッツの味を追加するという…なかなか日本では無い組み合わせ。

それらの調味料を薄味でさっぱりパクチーが香るスープと麺のラーメンにトッピング。

地元、タイ人と思われる人が小さじ砂糖3杯、トウガラシ2杯、ナンプラー少々、酢2杯、ピーナッツましましみたいなトッピングをしていてびっくりしました。

そのタイ人と思われる人と軽く話をしていた(簡単な英語、ユアーフロム?的なやつ)のですが、アローイ(タイ語で美味しい)を連呼してたので美味しいのでしょう。

味の好みのは人それぞれですね。

僕はほんの少しトウガラシ、酢5杯、ナンプラー少々、ピーナッツましましみたいな感じでさっぱりした感じが気に入りました。

ラーメンだけでは無い、味の調整

タイにはタイ風の焼きそばの屋台がいたるところにあって、そこでも味の調整ができる感じでした。



麺も何種類から選べるので面白いですねー大体、相場は30バーツ(90円)

タイ風の焼きそばもそのままで食べても美味しいけど味を変えたり、トッピングをしたりして飽きずに食べられます。

味を変えられるのは面白いな〜

自分で味を変えられるのは「この味で食べろ!」みたいな押し付けがなくて、自分で味を作るみたいな感じになるので、料理が上手くなるんじゃないかなーなんて思いました。

味を作る訓練みたいな。

アレンジ力が鍛えられますねー

番外編

食べ歩きでパイナップルを買った時のこと。

手の上で包丁を使ってパイナップルをカットしてることにも驚きましたが…

砂糖が添えられてる!

甘いパイナップルなのに砂糖。しかも2袋も!どんだけ甘いもの好きなんだよ!タイの人は!と感じた瞬間でした。

甘いパイナップルをさらに自分で砂糖を足してアレンジする…そんな凄さを感じる食べ歩きでしたね。

まとめ

タイでは自分の好みの味に自分でする、アレンジ力が日常的に鍛えられる気がしましたね。

自分で理想の味を作っていくスタイル。

タイは甘いもの大好きな感じがしましたね〜

ラーメンに砂糖スプーン3杯ラーメン入れてたし…

タイは暑いので砂糖は極陰性で、体を冷やす効果があるなんて話を聞くから、バランスが取れているのかなーなんて思ったり。フルーツもよく食べるからねー。

食べ歩きをしてアレンジ力を鍛えていこうかな!